ドリームムービー株式会社/Dream Movie(映像制作)

【ドリームムービーのブランドプロミス】  Dream Movieが創るものは、企業や個人の夢や想いを込めた映像です。
世界中の人々に夢・目標の実現と愛情・感謝を伝える映像を提供し、地球の未来と社会の発展に貢献し続けます。

映像制作を依頼する際のポイント

紙媒体だけではなく、映像で宣伝を行う企業が増えています。映像には人を惹きつける力があるため、会社案内や商品プロモーションを行う際に非常に役立つのです。
映像制作はプロに任せること一般的ですが、任せきりでは制作者と依頼者の間に認識のずれが生じる場合もあります。素敵な映像制作を実現するためにも、目的や希望をしっかり伝えるようにしましょう。

映像制作を依頼する際のポイント

目的を明確にする

一番大切なのは映像制作をする目的です。目的があやふやだと映像制作も思うように進みません。まずは映像をどのような目的で使用するのかを明確にしましょう。テレビCMで自社サービスをPRしたい、ホームページ上でリクルート映像を流したい、自社のセミナーを動画配信したいなど、目的は様々です。社員同士でしっかり話し合いましょう。目的がはっきり決まると、制作にかかる期間や費用も割り出すことができます。
目的が決まれば次はターゲット層を明確にしましょう。ターゲット層を決めることで映像の雰囲気やBGM、テロップに工夫をすることができます。例えば子どもをターゲットにするなら、キャラクターを使って楽しい雰囲気の映像にしたり、簡単な言葉でナレーションを入れると良いでしょう。外国人向けのPR映像なら、英語の字幕を入れるといった工夫の仕方もあります。

制作過程をチェックする

制作過程をきちんとチェックしないと、完成した映像が理想のものとは違う、ということになりかねません。そうなるとまた一から作り直しをすることになり、無駄なコストがかかってしまいます。
心から納得のいく映像を作り上げるためにも、制作過程はチェックするようにしましょう。依頼者と制作者の間に認識のずれがないか確認することで、早めに軌道修正が行えます。


ドリームムービーでは、工場見学や店舗紹介といった法人向けの映像制作から個人向けの映像制作まで、多岐に渡る映像を提供しております。
お客様の意見は映像を実現するための大切な材料です。制作を依頼する際には、遠慮せずにご希望をお聞かせください。

▲PAGE TOP

ドリームムービー 及び Dream Movie は、登録商標です。